logo

logo

メニュー

facebook

松宮真理子
Mariko Matsumiya

「雅」
" Miyabi "


一点もの
One of a kind scope


【説明】
京都は日本の美術が開花し、完成化された都市です。
様々な世界の文化を取り入れながら育ってきたこの国の美術デザインは中世の京都で日本の美術として一旦完成されました。
琳派を代表とするデザイン性の高く華やかな美術作品が多い中世京都を思い、また自分が幼少から毎年何度も訪れている京都という場所に流れる歴史、風雅を思い、制作した思い入れある作品です。

【素材】
本体素材 / ガラスをフュージングやスランピングで成形
スタンド / 真鍮

【ミラーシステム】
2ミラーと4ミラーの組み合わせ

【オブジェクトケース】
ガラスオブジェクト
オイルセル

【外観の特徴】
真鍮製のスタンドの成形はヘラ絞りという特殊な技術で作られている。伝統と風格を感じさせるデザイン。

【サイズ】
高さ35㎝、幅30㎝、奥行16㎝

【 Description 】
Kyoto has been a city where various Japanese arts flourish. I am impressed with medieval art school called "Rimpa" and try to express "Grace" of Kyoto in this kaleidoscope.
Miyabi is a symbolic word to express this art and it means grace.

【 Material 】
Kaleidoscope body / glass
Base / brass

【 Mirror System 】
2 mirror and 4 mirror combined

【 Object case 】
Glass objects in liquid filled cell

【 External features 】
The glass body is shaped with fusing and slumping techniques.
The stand part is made with special metalwork technique called "Herashibori", which gives stately and traditional look.

【 Dimension 】
Height / 35cm , Width / 30cm , Depth / 16cm