logo

logo

メニュー

facebook

小嶌 淳
Jun Kojima

「グリモワール」
" Grimwar "


一点もの
One of a kind scope


【説明】
万華鏡は小さな覗き穴を覗いた人を別世界に導く魔法の道具ととらえ、いにしえの錬金術師(ニコラス・フラメル)が所有していたという魔術書という設定で本型万華鏡を制作しました。 扉を開けると、錬金術師が収集した「瓶の中のホモンクルス」「賢者の石」「蝙蝠の頭蓋骨」「2000年土に埋まって銀化したローマングラス」「雌雄同体の蝸牛」「毒キノコ」等々が収められ怪しげな雰囲気を醸し出しています。 今までの万華鏡のイメージとは異なった、古くなればなるほど
魅力が増す作品です。

【素材】
表紙、裏表紙が陶板、その他多種の素材。

【ミラーシステム】
2ミラー

【オブジェクトケース】
電動の回転皿

【外観の特徴】
表紙、裏表紙が登板の魔術書。 上部の懐中時計を押すとオブジェクトを載せた皿が回転、ライトが点灯し、鍵から映像を見ます。
表紙をあけると錬金術師のコレクションを楽しめます。

【サイズ】
高さ13㎝、幅22㎝、奥行25㎝


【 Description 】
Kaleidoscope is a tool to invite a viewer to another world.
This is a book-style kaleidoscope called Grimwar, whish belonged to an ancient alchemist, Nicolas Flamel.
It was filled with weird items. When you open the book, there are familiar items in the alchemy; Homunculus, Phiosopher's
stone, Bat's skull, Roman glass from 2000 years ago, Hermaphroditic snails.......

【 Material 】
Top cover and back cover of the book shaped kaleidoscope are made of ceramic.
Various kinds of materials is used for the whole scope.

【 Mirror System 】
2 mirror

【 Object case 】
Various objects on a turning table that turns with electricity.

【 External features 】
A book-shaped scope with inner lighting and turning table.
Ancient look is another attractive point of this kaleidoscope.

【 Dimension 】
Height / 13cm , Width / 22cm , Depth / 25cm